ギター(本体)について

まず、ギターの貸出はしてますか?
とよく問い合わせを頂きます。
残念ですが、貸し出し用のギターは無いのです。

持参して頂くことになります。

あまりピンと来ないかもしれませんが、
ギターは一本一本かなり個体差があるんです。
弾き心地と言いますか、弾き易さと言いますか・・・。

貸出用のギターがあったとして、
そのギターでは、家のギターで出来たことが出来ないとか、
結構な確率であり得ます。
もちろんその逆もあるでしょうね。

だから、自分のギターで練習しないとあまり意味が無いのです。
(特に初心者のうちは)

あと、昔やってた時の古いギターとか、
何年も触っていない、家の何処かで眠ってたギターで受講される方も多いのですが、
これも問題のある場合が・・・。

ネックと言って、左手で握る細い部分ですね、そこが反ることがあるのです。

こうなると、状態によってはまともに弾けませんし、弾けたとしても弾きづらいです。
わざわざ弾きにくいギターで練習する意味も無いですよね。

その他にも経年劣化する箇所はたくさんあるんです。

それぞれ修理出来る場合と出来ない場合があります。

ギター未購入の方は、もちろん相談に乗ります。

各生徒さんのギターを見てますし、一応触らせて貰ってるので、
どのメーカーのどのくらいの予算だとこんな感じというのはお答えできます。